【大学生バンド紹介第2弾】memori  ― バンド初のMV「薄暑」公開―制作秘話を語る
インタビュー
2021.05.29

【大学生バンド紹介第2弾】memori ― バンド初のMV「薄暑」公開―制作秘話を語る

大学生バンドmemoriの楽曲「薄暑」が2021年4月28日に配信開始となり、バンド初となるOfficial Music Video「薄暑」がEggsとYoutubeにて公開された。1st single「僕らの音楽」、「リセット」に続き、「薄暑」はどのような曲なのか。新メンバーを迎え、新体制となったmemoriに、バンド結成の経緯や作詞作曲、楽曲制作秘話について語ってもらった。

memoriとは

――まず始めに、memoriはどのように結成されたのですか?

大典(Vo/Gt):東洋大学軽音フォークフリーウェイFW、通称「FW」というサークルで出会ったメンバーで構成されています。高校時代から、私はぼんやりと外バン・オリジナル曲に強く憧れを抱いていたのだと思います。大学在学中にメンバーを集め、バンドを組みたいという思いは1年生の時からありました。そこで、サークルで初めて仲良くなったBaのじゅんを誘いました。当時から仲良し・ドラムが上手い・外バン経験があるということで、やんわりかつ一切悩むことなくDrは政宗と決定しました。 その後、ギターロックへの憧れが捨てきれず、サークルで寂しがり屋というポジションの光人(みつと)をGtに誘いました。私としては、真剣に曲を考えてくれるリードが欲しかったので(4人になって)良かったと思っています。6月1日下北沢Dasiy Barにて、新体制での初ライブがあります。光人よろしくね。 

――なぜコピーではなくオリジナルバンドをやろうと思ったのですか。

大典(Vo/Gt):何かしら作品として、自分たちの曲を残したかったのだと思います。 僕たちは過去という、なんだか不透明で現実味がないものを追いかけ続けると同時に、誰かの思い出にもなりたいと願っています。

――皆さんが楽器を始めたきっかけを教えてください。

大典(Vo/Gt):いつか自分がバンドを組む気がしていたから。

じゅん(Ba):軽音ってかっこいいから。

政宗(Dr):ギターとベース経験はあるが、ドラムをしたことがなかったから。

光人(Gt):軽音に憧れていたから。

楽曲への思い

――1st single「僕らの音楽」はどういうイメージで作った曲ですか。

大典(Vo/Gt):何も分からないまま曲を作ったという一言につきます。ただただ初期衝動に身を任せ作りました。

memori「僕らの音楽」

――2021年4月には楽曲「リセット」が配信開始されました。この曲にはどのような思いが込められているのですか。

大典(Vo/Gt):この曲は、memoriにギターロックの要素を取り入れた初めての曲です。“あの頃の君と今の僕で会いたい。” ――memoriのTwitterには、「リセット」の予告動画が載っているので、それを見たらイメージがつきやすいと思います。

作詞作曲のこだわり

――作詞作曲はどのように行っているのですか。また、作詞作曲でこだわっていることはありますか。

大典(Vo/Gt):作詞作曲は主に私が行なっています。「リセット」の作詞作曲はDr政宗が担当しました。基本的に、私が作った曲を分解し、各パートごとに考えるのが基本的な流れです。時には、スタジオで政宗のビートに合わせ、曲を作ることもあります。作詞作曲でこだわっている点は、作った曲の雰囲気をあまり壊さないように、むしろ活かしてあげることです。ジャケ写やシングル写真・全動画の編集のデザインも私が行なっています。

――バンド初のMV「薄暑」も公開されましたね。「薄暑」はどのような曲となっていますか?

大典(Vo/Gt):この曲は歌詞に非常にこだわりました。具体的に、「君はいったいった」=言った、逝った、行った、「 いたいよ」=痛いよ、居たいなど、受け手に想像を膨らませてもらえるような歌詞にしました。2つ目のAメロは、やるせない感情を一貫して表現しました。ストレートで分かりやすいように、段階を踏み自分の心の変化を歌詞にしました。
次に、サビの君とは誰であるのか――過去・地元・元カノなど、敢えて答えが明確な内容に心がけました。君を何に喩えたのか、色々な意味が含まれているのか、それともただ単に恋愛の曲なのか――分からないことにこそ、この曲の良さがあると考えています。受け手によって、流動的に変化する良い意味で面白い曲になっています。

――なるほど。様々な工夫がされているのですね。

大典(Vo/Gt):作曲面でいうと、ピアノの音を入れる初めての試みをしました。また、ラスサビに打ち込みの音を入れ、盛り上げてもらいました。ラスサビは、焼き鳥とミックスジュースというサークルの友達に編曲してもらいました。音作りは、空間系のどこか不思議な感覚になる音に拘りました。「薄暑」は、私の出身の福井、そして 東京で生きていく中で見てきた景色、思い出に潜り込んで覗き込めるようなMVとなっています。概要欄とともに薄暑を楽しんでくださったら嬉しいです。

――memoriは今後どのような活動をしていきたいですか。

大典(Vo/Gt):今年は、memoriにとって勝負の1年にしようと考えています。ライブの出演本数を増やし、新曲も随時配信していきたいです。また、SNSなども頻繁に更新し、memoriのことを知ってもらうきっかけを作りたいです。まずは、memoriに出会って欲しいです。

memori 「薄暑」Official Music Video

ライブ情報

  • 2021年6月1日(火)下北沢Daisy Bar
  • 2021年6月28日(月)渋谷Milkyway
  • 2021年7月15日(木)下北沢LIVEHOLIC

memoriアカウント情報

おわりに

以前下北沢Daisy Barでmemoriのライブを見て、迫力ある演奏に心打たれた私は、帰宅してすぐに彼らの楽曲を聴きました。今回このようにmemoriを取材できたことをとても嬉しく思います。かっこいいバンドなので皆さんも是非聴いてみてください!

Next 「やらかした」軽音サークルの失敗談とは?今だから笑える話
Prev 別に誰も求めてないけど、勝手に大学生のモーニングルーティン覗いてみた。