バンドマンの恋愛事情って?ぶっ飛んだエピソード4選
コラム
2021.09.18

バンドマンの恋愛事情って?ぶっ飛んだエピソード4選

「バンドマンと付き合ってはいけない」これはもはや世間一般が持つ共通認識でしょう。それと同時に数ある楽曲の中でも恋愛をテーマにしたものは星の数ほどあります。そう、言うまでもなくバンドマンと恋愛は切っても切り離せない関係にあるのです。失恋した時こそアーティストとして最高の歌詞が書けたりするんです。ロックンロールですね☆
というわけで今回は実際のバンドマン恋愛エピソードを集めてみました!果たしてこの中から名曲に発展するエピソードはあるのでしょうか!作詞に困ってるアーティストのみなさん必見です!!!

エピソード①彼女と別れた次の日に真っ白になるまでブリーチ。その後坊主。

初っ端からなんともバンドマンらしいエピソードですね。やはり、バンドマンと言えば変化自在に変わる髪の色。ステージで目立ちたいとか色々な理由もあると思いますが、やっぱりイメチェンすると失恋から吹っ切れることができます。ちなみにバンドマン界隈では派手髪な人ほど優しかったりします。しかし、坊主にするとは何事かと思い、本人に聞いてみたところ「髪質がそうめんみたいになってうざかったから刈り上げた」だそうです。パンクですね。

エピソード②スニーカーが好きすぎて彼女に1時間スニーカーの歴史についてプレゼン。

これは興味のない人からしたら苦痛でしかないですね。でも、音楽とスニーカーって本当に歴史的に深く関わっていてラモーンズのコンバースオールスターから始まり、RUN D.M.Cが紐なしで履いていたアディダスのスーパースター、カートコバーンのジャックパーセル、現代においてはK-POPの影響でダッドシューズが流行っています。そうです、これは筆者のエピソードです。音楽とスニーカーについて語り出すと記事1本分余裕で書けてしまうのでまた別の機会に、、、。

エピソード③別れ際にf**k youと言い残し次の日アメリカに行った。

ついに国境越えました。1番ロックンロール感じるエピソードです。2年以上付き合っていた彼女に突然振られたらf**k youとも言いたくなりますよね。しかし、2年間を一瞬で忘れるほど良い体験だったようで、本人いわくホームステイ先の女の子と一緒にNetflix観て寝落ちしたというなんともチョロい男でした。

エピソード④人妻ごっつぁんゴール

こちらはエピソードトークをそのまま紹介します!
ある日、一番長く付き合っていた彼女に7股されて、成績は落ち、家族とも揉めた俺は世界の全てがどうでもよくなって家出を決意した。午後10時バンド練習で行き慣れたはずの横浜は全くの別世界だった。
あからさまな水商売のキャッチをする女の子、10メートルごとにあらわれる宗教勧誘、焦点が合わないヤクキメてる人たち。そんななかジャズマスターだけを持った20歳の僕は横浜ビブレのウッドデッキの上で1人ギターを弾いていた。すると、ピアスの数が数えきれない男と首に3つ目のあるタトゥーを掘った男が近づいてきた。そこから仲良くなった僕らは好きなバンドの話だったり、作曲の話だったりに花を咲かせた。ピアスの男はどうやら高校のピアノコンクールで賞をとったこともあるすごいキーボーディストだった。しばらく話し込んだ後、かわいい女の子が通りすがり、2人はその女の子を追いかけ「ナンパするんでじゃまた!!」 といって去っていった。
ところが、男2人はとぼとぼしながらすぐ戻ってきた。「ニューハーフだった…。」
爆笑し、酒をあおぎながらさらに仲良くなったが、7股されたこともあり、ナンパに付き合うきにはなれなかった。そしてまたその2人は女を求めて彷徨いはじめた。2人と別れた後なんとなく動向が気になり、ホテル街の方へ足を運んだ。するとベロベロに酔った女が俺に抱きついてきた。普段ならさすがに拒絶していたが、脳死だった俺はそのままホテルに向かった。
朝目が覚めて冷静になった俺は立ち去ろうとした。すると昨日のベロベロ女のケータイの通知がけたたましくなっていた。どうやら婚約者がいたらしい。
「今から迎えに行くね!」
の言葉をみて死ぬほど焦った俺は上半身半裸でホテルから出た。その瞬間となりのホテルから昨日の2人組とでくわし軽く会釈した。 夜中の横浜は不思議でいっぱいだ。
元カノに7股されたというエピソードも気になりますが、バンドマンが圧倒されるほど既婚者の彼女もぶっ飛んでいます。ここだけの話、僕の周りのバンドマンは意外と小心者多いんですよ。

終わりに

全4エピソードを紹介してきました!気になるエピソードはありましたか?どれもこれもバンドマンらしいといえばそうですし、曲にしようと思ったらなかなか難しいエピソードでしたね。ぜひ皆さんはよくよく考えてから恋愛して、バンドマンと付き合うならそれ相応の覚悟を持っていきましょう!それではまた!!!

Next 【大学生バンド紹介第4弾】Mole of the neck.〜ポップでロックなメロディを〜
Prev ​Kinail、​Clubhouseから学生制作初の楽曲「​No more...」をリリース!&新プロジェクト開始