【大学生バンド紹介第5弾】SleepInside 〜心の奥底に眠るオルタナティヴ愛〜
インタビュー
2021.10.09

【大学生バンド紹介第5弾】SleepInside 〜心の奥底に眠るオルタナティヴ愛〜

SleepInsideとは

東京都中心に活動をしているバンド「SleepInside」。ギターロックのポップなメロディにオルタナティヴ・ロックを融合させた独自の音楽性を貫く。一度解散したため、現在はボーカルの今井さんのソロプロジェクトという形で活動をしているが、最近バンドを組み直したとのことなので今後の動向に注目したい。今回はボーカルの今井さんにバンド名の由来、曲作りについて、今後の目標や意気込みについてなどを語ってもらった。

バンド名の由来と曲作りについて

ーー今回はよろしくお願いします。

今井:今井です。よろしくお願いします。

ーーさっそくですが、まずはSleepInsideのバンド名の由来について聞いてもよろしいでしょうか。

今井:はい。INSIDEというゲームがあるんですが、そのゲームの湿っぽいくらい雰囲気が好きで Insideっていう単語入れたいなと思っていました。名前を決めるようなタイミングがなかったんですが急遽ラジオで流してもらうことが決まって、名前が必要だ!となっている時に、My Bloody Valentine の「when you sleep 」を聴いていてそこからSleepを拝借してSleepInsideという名前にしました。

ーーなるほど・・・。 今井さんが好きなゲームの名前と、名前を決めることになったときに偶然聴いていた曲の名前のハイブリッドだったのですね。 もしそのとき「whenyou sleep」を聴いていなければこの名前もなかったと考えると、なんだか不思議な運命力を感じますね(笑)。

今井:そうですね・・・。当時日本語のタイトルの曲聴いていたらどうなってたかなとか考えたりしちゃいます。

ーーそれはそれで興味ありますね(笑)。

ーーそんな不思議な偶然からバンド名が生まれたSleepInsideですが、曲作りで大切にしていることはありますか?

今井:パソコンにギターを繋げてリズムを打ち込んでイントロのリフやらコードを作っていくんですが、そういう原案みたいなのをひたすら出していいのがあったら曲にするみたいな感じです。家にいる時はずっとパソコンと睨めっこしているのが生活のサイクルに組み込まれています。もしかしたら自分にとって大切な部分かもしれないなと思います。音楽のことくらいしか考えることないなと(笑)
ART-SCHOOLやTHE NOVEMBERSが大好きでシューゲ轟音感なバンドが好きなんですが、最近は新しい機材を手に入れたこともあって歪感がいいバランスで鳴っていると嬉しいです。ジャンル的に言うと90年代の海外のシューゲイザーバンド、My bloody valentine 、Ride。グランジポップなバンドだとDinosaur jr.、Sonic Youthが好きでバンドTシャツとかを古着屋で見つけたら必ず買っちゃいます。The SmithsとかThe Cureも。
直接作っている曲には関係してこないかもしれないんですが、00年代のガレージロックリバイバルのバンドは中学生くらいのころからずっと好きでThe strokes、Arctic Monkeys、The libertines。日本のバンドで行くとVeni Vidi Viciousがすごく好きで後The Mirraz、Psysalia Psysalis Psycheを気付いたら聴いている気がします。
自分の部屋でこもって曲を作っているので、そういうバンドのCDとかを机に並べてジャケット見ながら曲作ったりTシャツ着てテンションあげたりしています。
出来上がる曲はギターロックが基本でそこから轟音感が増すとシューゲイザー、ギターロック感にリバーブ感が増したり、という感じです。メロディがポップな感じなのでギターロックっていう印象なのかなと思います。

今井:長くてすみません。

ーーいえいえ。むしろその熱い思いがSleepInsideの動力源になっていると感じました。ほら、SleepInsideって日本語に訳すと「内側に眠る」みたいな意味になりますよね!?バンド名と相まって、心の中に眠るオルタナティヴ愛って感じでいいと思います!あっ、これサブタイトルに使わせていただきますね(笑)。

今後について

ーー最後に今後の目標や意気込みと、アピールしたいことがあればお願いします!

今井:何年か経った時に自分があの頃はこんなだったなと思い返せるような曲を残していければいいなと思います。色んな形で生活の痕跡を残していければなと思います。
現在バンド体制での活動も始めているので今後の動きをTwitter等でチェックしていただけたら嬉しいです。ありがとうございました。

インタビューを終えて

今井さんから様々な話を聞いて、熱い思いは自分を成長させるだけでなく、不可能を可能にする力があると感じた。一度解散した後も今井さんの熱い思いは燃え続け、ソロプロジェクトという形を経て再びバンド体制での活動が始まった。今後もしばらくはコロナ禍が続きより厳しくなるバンド活動ではあるが、SleepInsideの永遠に燃え続ける不死鳥の心で乗り越えてほしい。

SleepInside各種SNS・音楽配信サービスリンク

Next SOUND YOUTHバンドやってみた!その名も”SYNC”!
Prev 【大学生バンド紹介第4弾】Mole of the neck.〜ポップでロックなメロディを〜